犬との散歩のメリットと注意点

犬との散歩
愛犬を飼っている人の多くが日課になっている散歩。
たまに、外出するのが億劫になることもありますが、散歩には色々なメリットもあります。
そんなメリットを知ると、より散歩が楽しくなるかもしれません。

メリットの代表的なものとして、以下の事柄が挙げられます。

1.健康管理

犬は本来、屋外を自由に走り回って生活する生き物です。
しかし、現代でペットとして飼育されている犬たちはほとんどが屋内での飼育。
そのため、一日に必要と言われている運動量の実に10分の1くらいしか運動できていないというデータもあるほどです。
そこで、一日に2回くらい(最低でも1回)は、外で散歩することによって運動不足を解消することができます。
程よい分量の運動をすると、筋肉量も保たれて、食欲も増し、犬の健康管理へとつながります。
もちろん、犬だけでなく人間にとっても運動不足の解消が期待できますよ。

2.社会性を学ばせる

もともとは群れで生活していた犬ですが、ペットとして飼育されるようになり、1匹での生活が当たり前となりました。
しかし、やはりできる事なら愛犬同士の仲間を作ってあげたいもの。
そこで、散歩に出かけることをお勧めします。
とくに午前中の公園には色々な犬が遊びに来ています。これらの犬と合うことで、愛犬も犬仲間と遊んだり、犬社会のルールを学んだりしていきます。
飼い主同士もコミュニケーションをとり、人脈が広がることにもつながっていきますね。

3.季節感を感じられる

部屋の中で生活しているとついつい温度を一定に保ちがちで、人間はおろかペットにも季節感が伝わりません。
しかし、散歩に出歩くことで、暑くなってきた気候や、雪が降る冬の気候を実感できます。
この自然の作り出す季節感は、実は生き物のホルモンバランスを正しくしてくれる働きがあります。
さすがに夏真っ盛りは、アスファルトが高熱になっているので愛犬がやけどをする可能性もありますが、程よい気温の場合は連れ出してあげると良い気分転換になるでしょう。

おわりに

このように、散歩にはたくさんのメリットがあります。
しかし、たくさんの人が気分よく散歩するために守っておきたい注意点もあります。
例えば、犬の排泄物はきちんと処理すること。
大便は放置せずに袋や紙に包んで持ち帰るのがマナーです。
また、小便も、ペットボトルに水を入れるなどして流してあげると良いですね。

さらに、他の犬に吠え付いたり噛みついたりしないよう、あらかじめしつけをしておくことも大切です。

関連記事
愛犬と一緒に気持ちよく暮らすためのしつけとは?

みんなが気持ちよく散歩できる環境づくりをしていきましょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP
Copyright © dog salon sou 蒼 All Rights Reserved.